JM Cabinet 導入事例

自動車安全部品メーカー

会社概要

資本金   149億円
売上高   1,033億円
従業員数  5,165名(連結)

導入経緯

環境業務をローコストでシステム化(新規)

導入目的

●業務を標準化したい
  ◆JAMAシート管理
  ◆SOCエビデンス管理
  ◆複社購買部品管理
●帳票類を統一し標準化したい
●海外現法など全世界対応したい

導入効果

●システム化により業務の標準化ができた
●標準化ができたので誰でも環境業務を担当できるようになった
●お客様からの問合せの回答に3時間かかっていたが3分でできるようになった
●サプライヤとのやり取り(調査依頼、調査結果の確認・情報整理)が容易に行えるようになった
●海外で環境業務が行えるようになった(中国、マレーシア)